HW設計

弊社はソフトウエアハウスとしてスタートしましたが、メンバーには当時からハードウエア技術者もおり、またお客様からの要望も多く、早々にハードウエアの開発部門を立ち上げました。
結果として、
   ・ハードウエア
   ・FPGA
   ・DSP
   ・ソフトウエア(OS、ドライバ、アプリケーション)
の各要素技術を持つことにより、様々な問題に柔軟に対応することが可能となりました。
最大のメリットは、お客様の要望に対してハード・ソフトのどちらかに偏らず、最適なシステム構成提案ができることです。
年々、ハードウエアがらみの案件が多くなり現在では、組込系受託開発の90%が、ハードウエア設計を含むご依頼となっています。

  

HW設計をおこなった基板の主な機能

  

  • CPUボード

     ・RISC
      TX49(Toshiba)
      SH3(Toshiba)
     ・ARM
      ARM9コア
     ・マイコン
      H8
      PIC

    ネットワークボード

     ・Giga bit Ethernet
     ・PoE
     ・AutoMDI

    電話回線制御ボード

     ・BRI
     ・アナログ(端末側TE)
     ・アナログ(局側SLIC)

    モデムボード

     ・PCIインターフェイス
     ・ディジタルモデム
      V23
      V21
      トーン
      PB