Linux、各種OS

  • Linuxのメリット

    Linuxは高度なメモリ管理機能で、各プロセスのメモリ保護を行っています。
    一般的なプログラムの不具合等による不正なメモリアクセスが発生しても他のプロセスやOSには影響が出ません。
    そのため、障害の切り分けや、原因の追究に要する時間を短縮する事が出来ます。
    これらの利点は、組込み機器において強い武器となる為、組込みにも多数Linuxが使われています。
    弊社では、組込みLinuxを使用したシステム構築を得意としており、様々な分野で多数の実績があります。

    カーネル移植

    Linuxは様々なCPUに対応していますが、そのまま使用できる事はほとんどありません。
    実際にはCPU以外の様々なハードウェアに対応する為に、カスタマイズが必要となります。
    カスタマイズと一口に言っても、ハードウェアに最適な方法で行う必要があります。
    その方法一つで、全体のパフォーマンスに大きく影響があるからです。
    弊社では、ブートローダーの移植や、フルスクラッチ開発のハードウェアに最適な方法でのカーネル移植やカスタマイズまで、全てに対応しております。

    デバイスドライバ

    Linuxは、ハードウェアに近い部分を、デバイスドライバとして実装します。
    デバイスドライバは、内部構造、対応アプリケーションとのインタフェースによりシステム全体のパフォーマンスを左右する重要なものです。
    弊社では、様々なハードウェアに対応したデバイスドライバは勿論、デバイスドライバとアプリケーションとの最適なインタフェースを考えた上で設計、実装を行っております。

    リアルタイム制御への対応

    一般的には、Linuxはリアルタイム制御が不得意とされています。
    これは、イベントへの応答性の悪さを意味している事が多いのですが、実は各プロセス間やドライバ間インタフェースの実装方法によって、改善が可能です。
    弊社では、独自のノウハウでリアルタイム制御に対応したシステムを開発しております。
    各プロセス間の通信や、入出力にも独自のモジュールで対応可能です。

    システムのROM化

    通常のLinuxはハードディスクから起動します。
    組込み機器でもハードディスクを内蔵する事がありますが、機器の特性上、最適とは言えません。
    突然の停電や、人為的ミスによる電源断で簡単に壊れてしまいます。
    弊社では、LinuxのROM化に取り組んでおり、後々のメンテナンス性まで考慮したROM化が可能です。
    ROM化の方法によっては、突発的な電源断でも壊れないシステムを構築する事が出来ます。

    フラッシュメモリファイルシステム

    Linuxのファイルシステムには、ext2・ext3・romfs・cramfs・jffs・jffs2等、様々なフォーマットがあります。
    組込み機器では、ハードディスクの他に、様々なデバイスを使用しています。
    NAND・NORなどの不揮発でオンボード実装の容易なフラッシュメモリ、RAM、CFカード・SDカード・USBなど多種多様です。
    弊社では、組込み機器の用途、デバイスに最適なファイルシステムの実装を行っております。

    各種OS

    システムにより、LinuxよりもコンパクトなRTOSを使用する事もあります。
    Linuxに比べ○省メモリ○高度なリアルタイム性○起動時間短縮が可能です。