組込みシステム

組み込みシステムを開発するに当たり、最も重要なスキルは何でしょうか?
それは、「コミュニケーション能力」だと弊社は考えます。

組込みシステムを開発するにあたり、お客様の要望は様々です。
   ・高い安定性
   ・低コスト
   ・短納期での実現
   ・多機能
   ・拡張性のあるシステム
   ・・・

お客様の要望は尽きません。
しかし、無尽蔵に予算が使えるわけではないので、要望の優先順位が非常に重要になってきます。
また、システムはそれだけが独立して稼動するものばかりではなく、ヒトが使ってはじめて意味があるものも多く存在します。
そのような、運用も含めて、どこまでを実現し、どこを我慢してもらうか、その調整が上手くいかなければ、良いシステムは提案できないと思います。
そういう意味で、お客様の真のニーズを把握したり、実現の可能性を伝える為に、「コミュニケーション能力」は必要不可欠なのです。
もう一つ重要と考えていることは、システムの寿命です。
弊社が携わった組込みシステムの大半は通信機能をメインとした装置の開発です。
通信装置は、通信経路・相手装置など環境の影響を多分に受けます。
設計当初に想定されていなかった相手機器の癖など運用後の仕様変更も考えられます。
システムの最適化と拡張性をうまく融合することは困難ですが、それを上手く調整することで、長く利用できるシステムを提案することが可能となります。
また、その為の有効な手段の一つが「FPGA」というデバイスの活用でもあるのです。
弊社は今までのノウハウからそれを可能とします。

  

弊社が開発した主な組込みシステム

  

  • 回線交換

     ・ISDN(端末側)回線交換:Q921、Q931
     ・ISDN(局側)回線交換:Q921、Q931
     ・ISDN(TE側)パケット交換(Dch、Bch):X25
     ・アナログ(端末側)回線交換
     ・アナログ(局側)回線交換
     ・FAXプロトコル:V.27ter、V.29、V17、V34、T30、T34

    ネットワーク

     ・H323
     ・RTP/RTCP
     ・HTTP POP3

    モデム

     ・Xmodem

    CTI

    システム(ハードウェア)開発

    FAX・パソコンなどの媒体を用いて、複数の宛先に文書を一斉送信するFAXシステムを開発しました。
    一斉送信システムは、回線コントローラ(アナログ回線を制御するハードウェア(OS:Linux))、アプリケーションサーバ(コントローラを制御し、FAXの送受信を行う(OS:Solaris8))で構成されています。

    アプリケーションサーバでは、送信状況の記録にデータベース(PostgreSQL)を使用したのですが、大変な苦労をしたのですがデータ検索処理のパフォーマンスをあげるのに成功しました。

    FAXシステム開発後の社内動作確認ではテスト項目も多く、色々な機種のFAXに対し、問題なくFAX送信がおこなえるかを確認する作業が大変でしたが、FAX送信のエラー率(回線の状況によるエラー率)が少ない システムを開発する事ができました。

      

    アプリケーションの開発

    開発したFAXシステムを利用して、個別のお客様向けに下記のようなアプリケーションを開発しました。

    ●送信結果確認(WEB版)
    ユーザが作成したFAX送信情報(送信先のFAX番号、送信原稿等)ファイルをFAXシステムに転送し、送信結果をWEBで確認できるアプリケーション。

    ●テキスト原稿変換
    テキストで作成された文書をFAXで送信できるフォーマットに変換し、FAXシステムに対しFAX送信依頼を行うアプリケーション。

    ●音声応答
    音声ガイダンスに従ってプッシュ入力することにより、予め登録されている情報をFAXで取り出すことができるアプリケーション。

      

    システムメンテナンス

    開発したFAX送受信システム(FAXシステムを利用して開発した顧客毎のアプリケーションを含む)についてはメンテナンスも行っていました。
    顧客毎に回線まわり、システムの動作環境が違うのと、運用時間中には障害調査がなかなかできない事が多く、障害原因を追及するのが大変でした。
    障害の中で一番多かったのは、回線状態が非常に悪いのが原因で、FAX通信がエラーになる障害です。
    回線状態が悪い環境でもFAX通信を成功させなければいけなかった時は大変でした。
    調整・動作確認に時間はかかりましたが、相手FAXとのデータのやり取りの微調整を色々とし、顧客の満足のいく対応ができました。