私たちの開発スタイル

今日のアプリケーションあるいはシステム開発において、機能の高機能化はもちろんのこと、見た目のよさ、レスポンスの良さがよりいっそう求められます。一方それらの開発現場においては、納期の短縮・開発コストパフォーマンスのアップなどが求められます。
私たちは、それらの要求に応えるため、特定のベンダー・固有の技術に固執することなく、機能を実現するための最良のシステム・ハードウェア・ソフトウェア・開発環境・フレームワークを駆使し、ご提案から開発まで携わらせていただきます。
私たちは開発に取り掛かる前に、まずはお客様の既存のシステム・業務内容・ユースケースなどを学ばせていただくところから始めます。そして、お客様とのニーズがずれないように用語の定義・統一を図り、プロトタイプを作成しながらイメージを膨らませて目に見えないものを形にしていきます。
また、担当者一人一人の技術スキルを向上させるために、常に最新技術を勉強することはもちろんのこと、お互いに知識を共有し効率よくスキルが定着するように努力を行っています。担当者一人一人の意気込みは、お客様から弊社ではなく個人を指名していただけるぐらいの親身な気持ちで開発にあたることです。

  

  • オープンシステム開発

    弊社では、OSはWindows・Unix(Oracle Solaris、Linux)・ MAC OS(OS X 含む)、iOS、Android OS 問わず、開発プログラミング言語も多彩な選択肢の中から その時々でマッチしたものを選択して ご提案・開発にあたります。
    例えばネットワーク通信の機能がメインの場合は、Linuxを採用したり、取り扱うデータ量が大きかったりOS自身の保障やメンテナンスが必要な場合は、Solarisを用いたりします。また、Microsoft Officeツールとの連携やグラフィカルなユーザインタフェース・マルチメディアアプリケーションとの連携が必要な場合はWindows上での多彩なプラグイン・フレームワーク等を駆使して実現していきます。

    Webシステム開発

    今日のソリューションを実現するシステムにおいて、Web技術を用いたユーザインタフェースは欠かせなくなってきております。この分野においては、日々日進月歩の世界で、常に新しいトレンドが生まれてきます。私たちは常に そういった新しいトレンドを押さえつつも、それらに流されることなく、お客様のニーズにあった技術をご提案させていただいております。
    Webベースのシステムにおいて、Web画面の見た目に対するお客様のニーズは 非常に高くなってきています。そのため、開発途中あるいは開発後期において 必ずデザインの修正が入ります。そのため、Webシステム開発において、デザインとビジネスロジック(データ処理を行うコード部)を分離し、開発の停滞が起きないようにしております。